札幌でのレンタルオフィスの分類

レンタルオフィスには色々な種類があります。
特にそれらを大まかに分けると4つほどになります。分ける基準は機能性になるでしょう。
レンタルオフィスの機能性4つのパターンに分けてみました。
これは札幌に限らず全国的にこのパターンで分けられるはずです。

最初に分類するタイプは、基本的にビジネスに必要なサポート機能を重視したタイプのレンタルオフィスです。
基本的なサポートとは、電話代行や来客対応等の秘書代行、ちょっとした打ち合わせに便利なミーティングルーム、数人で利用御可能な会議室などの機能になります。
さらにインターネット環境等のインフラを札幌では重視しております。

基本的サービス内容は、多ければ多いほど料金に比例いたしますので、自社にとって必要なサービスを見極めて必要最最低限なサービスを選びましょう。
見栄をはって必要のないサービスに申し込んでしまう方もいますがまったくの無駄経費になってしまうのでそれらことはしないようにいたしましょう。
さらに事前確認しておかないと後からトラブルの原因にもなりかねませんので、サービス内容は、理解するまでしっかり調べておくことが重要です。
サービスには、賃料に含まれるものや、課金のタイプもありますので気を付けてください。

次のタイプは、通常の賃貸借契約による事務所に近いパターンになります。
簡単にいえば、サービスを省いたタイプのレンタルオフィスです。
普通の貸事務所との違いは、このタイプのレンタルオフィスには色々なメリットがあるのです。
メリットとしては、普通では借りることが難しいような都心などの一等地に所在する高額のオフィスビルに、個人や少人数でも入居できるという点です。これは大きなブランドイメージにつながります。
さらに、無駄を省くために必要な分だけのスペースを借りることができます。
これも賃料にかかるコストを抑えることができるメリットです。
最後にレンタルオフィスですので、入居時の初期費用を大幅に抑えられます。
会社起業初期にはこのタイプは、とても助かります。

3つ目のタイプは、にバーチャルオフィスが挙げられます。
バーチャルオフィスとはなんでしょうか。
バーチャルオフィスは、特別ワークスペースを持たずに、住所・電話番号等を借りて架空のオフィスを持つことができるオフィスのことです。
ワークスペースを必要としない業務で、ステータスの高い好立地での住所を利用したい、法人登記したいという場合、最も適したタイプといえます。
仕事は別におこうなうが事務所の登記・住所を一等地にしておきたいなどブランド・信用が必要な場合に役に立ちます。

最後のタイプは、インキュベーションオフィスです。
インキュベーションオフィスとは、特定業界の振興やベンチャーへの投資的色彩が強いタイプのレンタルオフィスになります。
札幌でもこの、インキュベーションオフィスが増えてきております。
インキュベーションオフィスは、起業をサポートし、ベンチャーの成長を支援する目的としていることから、オフィス内に技術的・経営的なコンサルティング、高度なIT環境や研究開発環境などの特殊な機能をあらかじめ備えていたりするのです。
このような施設の多くは、行政機関や大学等によって運営されていますので信頼もできます。
初期費用や毎月の賃料・利用料金もかなり抑えられていることが多のが大変な魅力です。民間の施設に比べここは特に優っているところでしょう。
しかし、デメリットは、特定の業種に限定されたり、会社設立からの年数を期間として定められている条件があったりするところです。
利用に様々なハードルが課せられるケースがありますが、条件さえクリアできればインキュベーションオフィスは選択肢としては在りになると思われます。

このページの上へ戻る