賃貸事務所移転

賃貸オフィスを契約する場合は、費用と利用環境に応じて、様々な形態がると何度もお伝えしてきましたが、長年事業を継続し、頑張ってこられた方が一度は検討するのが、移転ではないでしょうか。
事業が軌道にのり、安定したからステップアップで広いオフィスえ移転したい、社員数増加によって、広めの事務所へ移転したい、または、業績が思わしくなにので、現在よりも費用抑えた事務所をさがしたい等、色々事情があることでしょう。
できれば業績アップで、発展的事務所移転をしたいところですね。
仮に前述の発展的事務所移転を検討の際に注意したいのが、移転の際にかかる費用です。
先ずは現在契約しているオフィスの契約状況を把握するために、契約書を再確認て下さい以外と多いのが、契約時以外は、契約書を確認しないケースです。
例えば、良い物件が見つかったということで、いざ契約するために、退出(解約手続き)しようと思っても、解約告知は6カ月前にオーナーへ伝えなければいけなかったり、場合によっては違約金発生したりと思わぬ出費になってしまうからです。
オフィスビルでは通常、借りていたオフィスの壁や天井、床仕上げ材の塗装、張り替えなどを行いますので、原状回復の範囲を契約書で確認しましょう。
テナントは、撤去時には、現状回復する義務を負うからです。
その他、細かい注意点ありますので、移転を検討する際や、定期定期的に契約書を再確認しておくと良いですね。

このページの上へ戻る