レンタルオフィスの歴史

最近では、すっかり定着した、レンタルオフィスですが、時代の変化とともに、ニーズもだいぶ変化してきました。
もともとレンタルオフィスとは、そのまま読めば、事務所を借りるということですが、事務所を賃貸する場合も、費用負担を少なく、小事業者や、個人事業者向けに出回ってきたサービスのようです。
レンタルオフィスというキーワードのない時代には、オフィス用ビルの一室を賃貸するのが通常でしたが、そんな時代でも、新規事業立ち上げした会社や、個人事業でスタートする方は現在同様に存在しました。
そんな時にオフィスビルに入れない方は、マンションの一室を借りて事業開始する方、いまでいうSOHOタイプや、広めのオフィスを数社でシェアして事務所賃貸する方が多く存在しました。
数十年前の話しですが、現在はとみてみると、オフィスの賃貸の仕方は変わってないのではないでしょうか。
ニーズが昔からあるので、空室が多く存在した、バブル崩壊時期に、サービスとして、事業として、レンタルオフィスを提供する会社が急増したのではないでしょうか。

このページの上へ戻る